So-net無料ブログ作成

「雑誌の投稿欄通じ購入」=福岡県警警部補を送検−改造拳銃所持事件・警視庁(時事通信)

 モデルガンを改造した拳銃を所持していたとして、銃刀法違反容疑で福岡県警捜査1課係長で警部補の岡田好典容疑者(46)が逮捕された事件で、同容疑者が警視庁組織犯罪対策5課の調べに「十数年前に雑誌の投稿欄で見つけ、購入した」と供述していることが23日、捜査関係者への取材で分かった。
 同課は同日、同容疑者を送検した。
 捜査関係者によると、同容疑者は専門誌の投稿欄で、改造されたモデルガンが売りに出されているのを見つけ、数十万円で購入した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕多発する銃犯罪
「中学以降、多種類購入」=モデルガン改造器具も所持
神戸企業運航の船に武装集団=部品盗み逃走
福岡県警警部補を逮捕=改造拳銃所持、ブログ掲載
切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕

普天間「政府の立場で決定」=首相(時事通信)
<核密約>岡田外相、佐世保で謝罪(毎日新聞)
鉄道運転士体験、初級編にファン次々挑戦(読売新聞)
不均衡是正や金融規制を議論=23日にG20財務相会議(時事通信)
5月決着あくまで目指す=普天間、政府案は未決定−鳩山首相(時事通信)

池袋西口公園で古本まつり(産経新聞)

 豊島区西池袋の池袋西口公園で21日、「本を持って 街に出よう(旅・食・のりもの)」をテーマに、古本まつりが始まった。29日まで。

 平成17年から年2回実施しており、今回は46店舗が参加。美術書や文学全集、図鑑、写真集など約50万点が並んだ。

 臨時書店となった特設テントは、昼休み時間になるとサラリーマンや学生らでにぎわっていた。本を探していた男性は「退職後、東京に引っ越してきたが、古本まつりは東京での楽しみのひとつ」と話していた。

改正道交法 高齢ドライバー専用の駐車スペース設置へ(毎日新聞)
<虚偽勧誘>業者に業務停止命令 東北経産局(毎日新聞)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
土壌汚染処分費15億、支払い拒否 業者らURを提訴 大手町の再開発事業(産経新聞)
雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)

「悪い宝くじ」「電車で知った」=火山噴火で欧州便、相次ぎ欠航−成田空港(時事通信)

 アイスランドで起きた火山噴火の影響で、成田空港では16日午後、午前中に欠航を決めなかった一部の航空会社のチェックインカウンター前に、出発待ちの乗客が長い列をつくった。
 デンマーク・コペンハーゲン行きのスカンジナビア航空の便は午前中に出発する予定だったが、欠航の決定を午後5時まで遅らせたため、カウンター前には長蛇の列ができた。コペンハーゲン経由でパリへ語学の勉強に行くという東京都中野区の女性(39)は「電車に乗ってから欧州便の欠航が相次いでいることを知った。定刻の3時間前に空港に到着したのに、なかなか運航か欠航か決めてくれない」と困った表情。「近くのホテルも、もう予約でいっぱいじゃないでしょうか」と話した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
衆院国交委が日航本社視察=経営陣「状況改善」と説明

雑記帳 都心から最も近い「潮干狩り」始まる(毎日新聞)
気勢上げる小渕さん…八ッ場ダム推進町長再選で(読売新聞)
<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)
りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)

「国会見たい」急増 ネット視聴最多に 昨年のアクセス数1.5倍、379万件(産経新聞)

 国会審議のすべてをインターネットで中継する「衆議院TV」と「参議院インターネット審議中継」のアクセス数が、平成21年はともに過去最高となったことが分かった。ミニブログ「ツイッター」の利用など政治家側からの情報発信が増える一方で、国民の側からも「国会審議を見たい」という欲求が高まっているようだ。

 ネット中継は、参院が10年、衆院が11年にそれぞれ開始。テレビ中継が予算委員会や党首討論などに限られるのとは異なり、すべての委員会を網羅しているのが特徴だ。生中継のほかに、過去の審議の録画も視聴できる。

 衆院によると、21年のアクセス数は、生中継と録画を合わせて378万7千件で、前年の241万6千件から1・5倍に跳ね上がった。

 21年は衆参「ねじれ国会」や衆院選などの影響で審議時間は約1580時間にとどまり、委員会の開催数も減少していた。それにもかかわらずアクセス数が過去最高になったことで、関心の高まりが明らかになった格好だ。

 国会審議は両院のほかに、民間会社の「シー・ネット」がネットやケーブルテレビで「国会TV」を提供している。同社によると、映像は現在、ネットのほかはケーブルテレビ4局を通じてしか見ることができないが、昨夏の政権交代以後は引きあいが増え、新たに約20局のケーブルテレビに提供が可能となっており、現在、それぞれの局の番組改編を待っているという。

 ちなみに昨年、衆議院TVのアクセス数が最も多かったのは、11月4日の予算委員会。この日は鳩山由紀夫首相の政治資金収支報告書の虚偽記載問題が追及され、鳩山首相は「元会計責任者を信頼しきっていた」などと答弁していた。

ペンギン切手、名前間違い販売中止(読売新聞)
水戸の川端康成展に岡本かの子の未公開書簡 整理ごとに発見 文豪の親交に光(産経新聞)
<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ〜ならえ(毎日新聞)
<陸上>高校駅伝優勝のケニア留学生、退学処分で帰国へ(毎日新聞)
平等院鳳凰堂 柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)

<警察庁長官銃撃事件>アレフが都公安委に苦情申し立て(毎日新聞)

 公訴時効が成立した警察庁長官銃撃事件について、警視庁が「オウム真理教信者による組織的テロと認めた」とする捜査結果概要をホームページ(HP)に公開したことを受け、教団主流派で構成する宗教団体「アレフ」は9日、都公安委員会に苦情を申し立て、警視庁にHPから削除させるよう求めた。

 アレフの荒木浩広報部長が会見した。アレフは削除要請について警視庁が5日付の文書で「削除要請には応じられない」と回答したことを明らかにした。

 都公安委員会は「警視庁に事実確認したうえで審議し、文書で回答する」と話している。

【関連ニュース】
立教大生殺害:警察庁が捜査特別報奨金制度の対象に決める
警察庁:電車内での痴漢取り締まり強化
警察庁長官:「初動捜査の高度化」指示 全国刑事部長会議
警察庁長官狙撃:「オウムのテロ」 会見で警視庁公安部長
警察庁長官狙撃:延べ48万人動員実らず…時効成立

五木寛之氏・直木賞選考委員退任 「新しい空気必要」(産経新聞)
小学校屋上から男児転落=天窓踏み抜く、意識あり−鹿児島(時事通信)
参院選 「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
0円携帯に苦情…頭金だけタダ・解約で高額請求(読売新聞)
<山崎直子宇宙飛行士>コンテナ移設で若田さん「仕事満点」(毎日新聞)

強風で羽田の92便欠航、利用客ら疲れた表情(読売新聞)

 本州付近を南下している前線の影響で、2日の首都圏は前夜に引き続いて未明から強風が吹き荒れ、通勤ラッシュと重なって交通機関が大きく乱れた。

 「いつになったら出発できるのか」。午前11時までに92便が欠航を決めた東京・羽田空港。出発ロビーでは、搭乗を待つ利用客らが疲れの表情を見せた。

 茨城県那珂市の会社員飯島剛さん(33)は、3時間半以上の遅延が掲示板に映し出された那覇行きの便を待ちながら、「午前中に海で遊ぼうと思って午前2時30分に自宅を出たのに……」とぽつり。そばでは、長男の小学2年、朋樹君(7)は「沖縄に着いたら布団に入りたい」と眠そうな目で話した。

 成田空港でも、空港に着陸できず、行き先を変更する便が相次ぎ、静岡空港でも小松便が欠航した。

 首都圏の鉄道では、千葉県と東京都を結ぶ路線を中心に運休や遅れが出た。総武線快速(東京―千葉駅間)と同線各駅停車(三鷹―千葉駅間)が一時運転を見合わせたほか、常磐線や武蔵野線などでも運休や遅れが出た。東京メトロ東西線も午前8時50分頃から約10分間運転を見合わせた。

 静岡県御殿場市では、民家のトタン屋根が強風で飛ばされ、2人が近くの公民館に自主避難した。

協力しないなら「内閣去れ」=市町村への権限移譲で−原口総務相(時事通信)
<踏切事故>山陽電鉄で特急にはねられ小1死亡…姫路(毎日新聞)
答申無視の派遣法改正、労政審が異例の抗議へ(読売新聞)
20キロ引きずり死亡で運転手に猶予判決 水戸地裁(産経新聞)
<しばたはつみさん>死去57歳、歌手 「合鍵」などヒット(毎日新聞)

国民生活センター理事長、応募33人全員が不合格(読売新聞)

 初めて公募された国民生活センターの理事長について、福島消費者相は30日の記者会見で、「応募のあった33人の中に適任者がいなかった」として、応募者以外から選考すると発表した。

 現在の中名生(なかのみょう)隆理事長が31日で退任することから、4月1日から当分の間、理事長は不在となる。

 中名生理事長が今年2月、任期途中での辞職を表明したことを受け、消費者庁は一般からの公募を行った。3月1日までに公務員OBを含めて計33人の応募があった。大学教授など外部の有識者5人による選考委員会で、書類審査や面接試験を実施してきたが、適任者がいないという結論になった。

 今後、福島消費者相ら政務三役で適任者を選び、改めて選考委員会で審査をする。

 福島消費者相は「改革の熱意のある人をすみやかに選びたい」と話している。

裁判員の現場まだ試行錯誤…25日で全国一巡(読売新聞)
連合静岡会長が小沢氏に辞任求める 「支持率下げの最大の要因」(産経新聞)
公明、参院選で他党推薦せず…非公式協力は容認(読売新聞)
<お別れの会>玉置宏さん=4月12日午後6時、東京会館(毎日新聞)
鳩山首相の母が上申書「子を助けるのは当然」(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。