So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<民主>陸山会事件の捜査長期化を懸念 小沢氏「信念貫く」(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日、広島市内で開かれた同党衆院議員の会合であいさつし、自らの資金管理団体「陸山会」をめぐる事件について「皆さんにご心配、ご迷惑をかけたことをおわびする」と陳謝した。その上で「今後も自らの信念を貫いて仲間と一緒に頑張っていきたい」と、幹事長を辞任する考えがないことを改めて強調した。

 23日に東京地検特捜部から事情聴取された小沢氏だが、そのことには直接触れなかった。一方で「私もそう先が長いわけではない。次の世代を背負う政治家を育てるという任務が私に残された仕事だ」とも語った。

 小沢氏の幹事長続投に対し、政府・与党内では捜査の長期化が今後の政権運営に与える影響への懸念も出始めている。

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は徳島市内で24日、記者団に「捜査はどこかでけじめが付く。その時は世論を見ながら政治的判断をしなければならない」と述べ、捜査次第では小沢氏の進退問題が浮上するとの認識を示した。民主党の輿石東参院議員会長も甲府市での記者会見で「もし刑事責任を問われる事態になれば、そこで対応を考えていけばいい」と含みを残した。

 前原誠司国土交通相は24日「聴取に応じられたことは良かった」としたうえで「すぐ国民が納得することにはならない。また聴取の要請があれば応じていただきたい」と述べた。八ッ場ダム(群馬県)の地元住民との意見交換会後に記者団の質問に答えた。

 07年の参院選、昨年の衆院選で勝利した小沢氏に対し民主党内では、今夏の参院選でも陣頭指揮を望む声は根強い。「公認する権限や資金配分を独占してきた小沢氏に嫌われては、選挙が戦いにくい」(中堅議員)という理由もあり、続投に異を唱える声は表面化していない。

 だが輿石氏や直嶋正行経済産業相、小沢環境相ら政府、党の幹部が顔をそろえた24日の民主党山梨県連大会でも、参加者から「自浄能力がなくて参院選が戦えるのか」との意見が出た。内閣支持率がさらに下降するなど、今後の世論の動き次第では、問題が再燃する可能性もある。【白戸圭一、朝日弘行】

小沢氏、土地売買「秘書に報告をしろと言ってない」(産経新聞)
<掘り出しニュース>「横手やきそば道場」開講 鉄板名人目指し15人受講 合格者には「麺許状」交付(毎日新聞)
家族の大切さ感じて=劇「めぐみへの誓い」上演−東京(時事通信)
都議補選は自民・三宅氏が当選確実(産経新聞)
ホリエモンが小沢氏聴取を分析(スポーツ報知)

内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」(産経新聞)

 飛鳥時代に築かれた国内最古のダム式灌漑(かんがい)用ため池として知られる大阪府大阪狭山市の狭山池一帯で、古代の地層から海に生息する植物性プランクトン「珪藻(けいそう)」の化石が多数確認されていたことが25日、わかった。同池は大阪湾の海岸線から約10キロ離れているが、研究者は古代、中世の東南海・南海地震による津波の爪痕(つめあと)と推測。大阪府は「現在では狭山池の津波被害はあり得ない」とするが、近い将来の発生が懸念される両地震の威力が、古代遺跡から伺い知れる貴重な事例となりそうだ。(小畑三秋)

 海抜70メートル前後の狭山池は7世紀前半に築かれ、奈良時代に高僧の行基が改修。今も灌漑用として機能している。

 大阪狭山市教委などが昭和63年〜平成8年に発掘調査。5世紀以降と16世紀以降のそれぞれ数百年間の地層から珪藻の化石が確認され、海で生息する珪藻が最大で全体の5割近く占めていたことが判明した。8世紀ごろと17世紀前後の大規模な地震による噴砂や地滑りの痕跡も確認された。

 大阪府文化財センターの山口誠治主査(保存科学)は、内陸にかかわらず海洋性の珪藻が多い点に着目。古文書などから、津波を伴う東南海・南海地震として、飛鳥時代(7世紀後半)と1605年2月の慶長大地震があったことがわかっており、狭山池で見つかった地震痕跡の時期と近いことから、珪藻は両地震の津波で大阪湾から運ばれた可能性があると推測した。

 海岸線と狭山池の間には丘陵地があることから、津波は直線的ではなく、北方にあたる現在の大阪市域を経由して狭山池に到達したとみられている。

 山口主査は「地層の堆積物から津波痕跡を見いだす取り組みはまだ少ないが、調査事例を増やして各地域の被害状況が把握できれば、地震対策の啓発につながる」と話す。

 一方、大阪府危機管理室によると、近い将来発生が懸念される東南海・南海地震では、大阪湾に達する津波は最大3メートルと予測され、現在は海岸や河川に設置している水門や防潮堤によって津波被害は防ぐことができると指摘。水門の閉鎖が遅れたとしても、浸水被害は大阪市大正区や堺市北西部の海岸沿いなどに限定され、狭山池のある地域には及ばないという。

 ただ、古代の地層分析による津波の痕跡は、大分大学などによる調査で、大分県東岸の佐伯市米水津(よのうづ)の池でも確認。18世紀前半の海の砂の層が数十センチ堆積(たいせき)し、宝永4(1707)年10月に発生した大地震による津波が原因と推定した。

 大分大によると、この池は海岸沿いにあるが、周囲が高さ10メートル以上で海の砂が平常時に入り込む可能性は考えられず、高さ10メートル以上の津波が襲ったとみられる。千田昇教授(変動地形学)は「数十年以内に東海、東南海、南海の3つの地震が同時に起こる可能性もある。古代の地層を調べることで地震被害の大きさを想定し、防災対策に役立てることが重要」としている。

      ◇

 【用語解説】東海・東南海・南海地震

 フィリピン海プレートが陸側のユーラシアプレートにもぐり込むことによって、100〜150年ごとに発生するとされる海溝型地震。伊豆半島から九州南岸までが大きな被害を受けるとされ、静岡や和歌山などで最大震度7、津波の高さは最大12メートルと予測されている。東南海・南海地震が同時に起こった場合、死者は最大1万8千人、36万棟が全壊すると想定されている。

<足利事件>91年12月20日の県警聴取テープ(毎日新聞)
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで(産経新聞)
小沢氏聴取 自民、一気に攻勢 「理解不能」(産経新聞)
内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」(産経新聞)
第81期棋聖戦 本線参加16人出そろう(産経新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。