So-net無料ブログ作成
検索選択

殺人罪の適用認めず=裁判員裁判で初―傷害致死罪適用・水戸地裁(時事通信)

 殺人罪などで起訴された男性被告に対する裁判員裁判の判決で、水戸地裁(根本渉裁判長)は28日、殺人罪の成立を認めず、傷害致死罪を適用し、被告に懲役8年(求刑懲役15年)を言い渡した。
 公判で被告は殺意を否認していたが、根本裁判長は「殺意を認めたとする検察側の自白調書には疑問が残る」と指摘。殺人罪ではなく、傷害致死罪を適用した。
 最高検のまとめでは、裁判員裁判で起訴罪名より軽い罪が適用されたケースは過去3件あるが、殺人罪の成立が認められなかったのは初とみられる。 

【関連ニュース
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
米兵少年に懲役3〜4年=裁判員「県民感情に流されず」
一審の裁判員判決を破棄=全国初、示談成立を考慮
裁判員「量刑、甘い」=強盗致傷の判例検索で違和感

首相動静(5月22日)(時事通信)
国民に分かりやすい広報を=専門職4人募集中―厚労省(時事通信)
普天間問題 小沢氏「政府の発信はどうなのかな」(産経新聞)
西日本大雨、土砂崩れで神戸電鉄が一部運休(読売新聞)
PSPソフト複製・無断販売、容疑で無職男逮捕(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。